石川県金沢市のホームページ制作デザイン会社、株式会社ARTMIXTURE

石川県金沢市のホームページ制作デザイン会社、株式会社ARTMIXTURE

ホームページのお話。第3話「優秀な営業マンの欠点」

第三話_1
第三話_2

ここまでお話をしてきた中で「ホームページは優秀な営業マン」だというお話をしました。それでは、今から重要なことをお伝えします。とても重要なことなのです。実は当たり前のことですが、気づいていない人が多いのでびっくりします。

優秀な営業マンは実は動けない

それは優秀な営業マンは実は動けないということです。
優秀な営業マンは動けないのです。優秀なのに。

人間誰にでも欠点があります。社内ではイケメンで評判のAさんも家に帰るとずぼらだったり。社内のアイドルB子さんもお酒を飲むと絡み上戸だったり。
そうです、ホームページの欠点は自分では動けないことなのです。

自らお客様のところへ行くということができません。なので
「お客様に見つけてもらう」もしくは「お客様にきていただく」必要がホームページにはあるのです。

アクセスがないはあたりまえ

「見栄えの良いホームページを作ったのに全然アクセスがない。」あたりまえなのです。
「見つけてもらいやすくする」「きていただくシステムをつくる」ことが必要なのです。
言い換えれば、宣伝や紹介が必要不可欠なのがホームページです。逆におおっぴらに宣伝をする必要のないページもあります。

ひとつは、既に知名度の高い企業です。ユニクロを探すのに「安い服 そこそこ シンプル」などのキーワードで調べないですよね。お客様は「ユニクロ」で調べれば一番上に表示されます。(ただしキャンペーンやセールなど、より多くのお客様を呼び込む際は広告を出しています。)

もうひとつは、会社の情報を提供するだけのホームページです。はじめからホームページに大きな期待をしていないという場合はそれでもいいでしょう(少し寂しいですが…)特に商品を売る訳ではないので、気になった方は「○○商事」だとか、それでも見つからなければ「○○商事 金沢市」だとか絞り込んで検索してくれます。通常のホームページなら十分検索に表示されるはずです。それでも見つからないという場合は残念ながらその営業マン(ホームページ)ではありませんので、見直す必要があります。

見つけてもらおう!

では「見つけてもらいやすくする」「きていただくシステムをつくる」にはどうすればいいのでしょうか?実はこの二つには微妙に違いがあるのです。それは

1、「見つけてもらいやすくする」は、見つけやすい場所に営業マンを配置すること。
2、「きていただくシステムをつくる」は、営業マンに会いたくなるようにして、営業マンのいる場所を教えてあげること。

です。これを制作会社の言葉に置き換えるなら
1、上位表示させるためにSEO対策やSEM広告を実施する。
2、メールマガジンやtwitter,facebook,Google+などを利用して告知したり、その他メディア広告で告知、口コミが広がるような工夫をする。
と言い換えられます。2なら比較的自分たちでできますが、1は専門的な知識が必要になります。

「作った上にまだお金がかかるのか・・」と心が折れそうになりますが、戦略にはどう運用していくのか必ず盛り込む必要があるのです。

マガジン
制作実績

上へ戻る